キャラメルマーブルカオス通信

生き方、こころ、一人一人違う幸せ、ちょびっとお役立ち情報。

辛かったー悲しかったー、子供の頃ちゃんと言えなかったなー

まだ採用されるか分からんケド、学童保育のバイトの見学に行ってきた。

 

長期休みとかあるじゃん?そういう時期は、人手不足になるんだって。

 

でも、私って、どうなんだろうか?

 

もし私が保護者の立場で子供を預けるってなったときに、

 

「この人に預けて大丈夫なんだろうか?」って思われるかも。

 

こういうのってカンというか、信頼?信用?漂う安心感、

 

客観的に自分を見ると、そういうオーラ、私には全然ないなーw

 

だって小学校は好きだったけど、中学校はいろいろあって3年の3学期は行ってないし、正直学校はあんまり好きじゃない。

 

そして教育に関しても、最近思うことは

 

「人の役に立たない人間になってもいい。他人任せにしないで、自分の人生を自分で幸せに生きること」

 

なのでたぶん、私って、教育現場に合わない人間なんじゃないかなーって思ったw

 

じゃあ、なぜ、バイト見学なんかに行ったんだよって事だけど、

私が学校好きじゃなくても、今いる子供たちには別に関係ないかなーってw

 

まあ、そりゃそうだ。

 

それに、私は大人になったから、学校に行っていたときに対処できなかった問題、勉強以外に人間関係とかモロモロ

 

今では何とかなるような気がしたから。

 

まー、そんなこんなで見学に行ってきた。

でも、始めていく場所って緊張した(;^_^A

 

そして、何だろ。。。この思考の癖は。

見学に行く場所に向かっている車の中で、ちょっとネガティブな事を思い浮かべてしまう。

 

私って、要領が悪いのだ。

仕事が遅いというか。

 

野菜出荷場に勤めていた時、袋に野菜を詰めるのがきれいにできなくて、よく周りから怒られていたなーとか、

洗卵センターに勤めたときは、卵を段ボールに入れて出荷するときに、雑に扱ってしまって怒られていたなーとか、

 

段ボールのテープ止めが汚くて、怒られたなーとか、、、

 

あああ、よく上司から怒鳴られていた。

 

そうなんだ、私は上司とか上の立場の人が、潜在的に怖いと感じてしまう。

そりゃー責任ある立場の人は、仕事だからそれなりに怒鳴ることもあるだろう。

 

まあー、中にはパワハラっぽい人もいるけどね。

 

今回も、見学の場所に向かっている車の中で、ちょっと考えてしまった。

怖い上司だったらどうしよう。。。

 

まだ会ってないのになw

 

でも、自分の中の「怖い上司」の定義は、何だ?

もし自分が責任のある立場だったら、仕事が違っていたら注意するよね。

そして怒りもするだろう。

 

怒られるのが怖いのか。

自分も怒るくせにw

 

見学は、ふつーに終わったけど、そうだよな。

 

「怖い人」ってなんだ。

やさしいって?

 

悶々としていた時に見つけたブログ↓

 

zunzun428blog.hatenablog.com

 

私も権威的なものが怖いと感じるらしく、当てはまるかもーなんて思いながら読んだ。

 

個人的な事なんで全部が当てはまるわけじゃないけど、すっごく参考になった。

 

私の場合も、過去に親との関係で、未消化な部分があるかもしれん。

 

また、これも個人的なんだけど、私は自分の感情を感じるのが下手っていうか、いつも他人が何を考えているかビクビクして構えてしまったり、自分を出すより他人を優先する癖がある。

 

そして、自分が出せないのでガマンしてしまって、ちょっとしたキッカケで「もういいや!」って、自分から放り投げてしまう。

 

自分が大嫌いになり自己嫌悪で、「泡になって消えてしまいたいー」とか思う。

 

けれども、そう簡単に消えれないんだよねー。

 

今回、上のブログに出会って、私も自分を見つめるいい機会になった。

 

 

私は、運動が得意じゃない人間というか、幼稚園の時、他の子と比べて走るのが遅かったので、「あんたは運動が得意じゃないんだね」と親から残念がられていた。

 

他の兄弟は、足が速くて、うらやましかった。

 

親は、運動ができる兄弟をとてもよく褒めていたから。

 

私はというと、まったくそういうものが無く、

子供の頃は右足のアキレス腱のケガの影響からか、走るのも他の子と比べて遅く、体育の成績も悪かったから、

 

何でもできないと親から認められてもらえないんだ、

 

出来ることがいいこと、出来ないと悪!みたいな

 

出来ない自分を、いつも心の中で「バカだ!バカだ!・・・」と何回もののしっていた。

 

 

でも、、、もう、こんな価値観で生きなくてもいいんだ。

 

幼少期に身につけてしまった、「出来ない自分はダメなんだっていうの」

コレ、要らないーー。

 

私の価値観で生きていい。

 

人が喜ぶ姿、うれしそうな顔を見るのは好きだけど、それがすべてになってしまったら自分にウソをついていることになる。

 

本当の自分は、自分の好きなことを自分勝手に、人の役に立たなくてもいいので

 

何なら無能!!って言われてもいいので

 

他人の価値観に支配されることなく、自分を表現してみたい。

 

 

未だに子供の頃の経験からか、親に認められたい!!ていう思いは持っている。

でも、持っていてもいいと思う。

それに、たとえ親から認められなくても、大丈夫っていうか、まーなんとかなる。

 

人の笑顔を見て自分が笑顔になるんじゃなくて、自分の未来は自分で選べれるから、創れるから

 

自分が先に笑顔になるんだモン♪